【沖縄】探しに行こう!天然記念物!

沖縄

沖縄

沖縄は多種多様な過ごし方があります。
夏は思いっきり海で過ごしたり、冬にはゴルフを楽しんだり。
海も街も自然もある沖縄での過ごし方は迷われる方も多いことでしょう。

そこで今回ご紹介する過ごし方は、「沖縄の天然記念物に会いに行こう」です。
日本国内の天然記念物の数は動物・植物など含め1000を超えると言われています。
沖縄県内には約60種類あります。

特別記念物として有名なのは、八重山諸島の西表島だけに生息する、
イリオモテヤマネコです。
亜熱帯地方に生息するイリオモテヤマネコは、ヤマネコが住む島としては
世界最小と言われれる西表島で発見されたのは、1960年代のことです。
現在の生息数は100頭ほどと言われています。
西表島では、動物注意の看板にイリオモテヤマネコの絵が描かれています。

1982年に天然記念物に指定されたヤンバルクイナは、沖縄県北部の山原と言われる
地域で発見され今では絶滅危惧種に指定されています。
特徴は飛べないことで、これは翼を動かすための筋肉が発達していていためだと言われます。
ヤンバルクイナは山原にしかおらず、今でも約1500羽が生息すると推定されます。
また、沖縄本島北部の国頭村には、ヤンバルクイナ展望台と呼ばれる展望台があり、
本物のヤンバルクイナにそっくりな展望台で、見た目だけでなく景色も最高です。
本島最北端の辺戸岬を望むことができます。

さぁ、沖縄には日常では決して出会えない、希少な生き物たちが生息しています。
沖縄で天然記念物との奇跡の出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る