世界遺産の屋久島を訪れる旅!自然に癒され元気をチャージ!

shutterstock_85432081

屋久島

鹿児島の離島である屋久島。
月に35日は雨が降る、と言われるほど雨の多い島ですが、
もちろん晴れることだってあります。

天候次第で観光の仕方も変わってくると思いますが、
屋久島と言えば縄文杉です。
朝の3時頃起床してから移動し、5時くらいには出発地点に居なければなりません。
そしてそこからバスに乗り、登山口へ。
やっと出発です。
そこから歩くこと往復10時間、距離にすると19キロと長い道のりです。
雨が多いと言われる屋久島ですので、服装には充分ご注意ください。
縄文杉にたどり着くまでに、いくつものスポットを観光し、
ようやく縄文杉に到着。
日本で最も太い縄文杉をご覧頂けます。
樹齢2000年とも3000年とも言われる雄大な姿をご覧頂けます。

屋久島には他にも見どころがあります。
そのひとつに、白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)があります。
こちらは、ジブリのもののけ姫の舞台になったと言われ、
実際に行ってみると、ジブリの世界に入り込んだ感覚が得られます。
また、あまりにも雨が多いと、川の水位の上昇により、
先に進めないこともありますので、天候には充分注意してください。

他にもまだまだ見どころがあります。
ヤクスギランドやいくつもある滝。
離島なので、海も自慢です。ダイビングや釣りなども最適です。

さぁ、魅力満載の屋久島で、とっておきの時間を過ごしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る