東京は現代と過去の見事なコラボレーション!大都市東京散策はいかがですか?

shutterstock_150002186

日本の首都である東京。
元は江戸幕府が開かれたことにより発展し、明治維新の際に東京になり、京都から東京に政府が移されました。
その後、目まぐるしく発展を続けている東京。
近代的なイメージが強いかと思いますが、ところどころで歴史を垣間見ることができます。

東京の街は世界的に見ても稀にみる大都市です。
見どころはたくさんあり、オフィスビルが立ち並ぶ場所もあれば、
昭和や江戸を感じる場所もあり、様々な表情を持ち合わせています。

大きな街ひとつとっても、少し離れるだけで、ビックリするほど雰囲気が変わる場所さえあります。
例えば新宿。都内のターミナル駅として一日あたり300万人を超える人々が利用していますが、
駅の西口は言わずと知れたオフィス街。目立つ看板がなく、シンプルで巨大なビルが林立しています。

変わって東口は、東洋一とも言われる歓楽街である歌舞伎町があり、西口に比べ低いビルが立ち並び、
夜でも明るいネオン街となっています。
このように東京の街は、数百メートル離れるだけで全く別の表情が窺えます。

歴史を感じる場所と言えば、浅草。
全盛期にはかなりの盛り上がりを見せており、一時は廃れたとも言われていましたが、
近年はスカイツリー効果もあり、観光客が増えてきました。
浅草寺は創建が628年と言われ、以来人々を魅了し続けています。

浅草の脇を流れる隅田川。
色とりどりの橋がかけられ、それぞれに歴史があり、風情を感じることができます。
隅田川の川下りでお台場までアクセス可能です。

ところ変わって、日本で一番地価が高い場所と言えば銀座。
高級ブティックが立ち並ぶ一大ショッピングスポットですが、
少し移動すると、東京の台所である築地市場があり、朝から活気に満ちています。
昭和の香り漂う築地で美味しい海鮮に舌鼓を打つのもオススメです。

さぁ、このように江戸と現代が見事にマッチする東京で、新たな発見をしてみてはいかがでしょうか。

バナー2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る