うどんだけじゃない!アートの島や金比羅山がある香川県!

shutterstock_438532228

香川県といえばなんといってもうどんですよね。
面積こそ小さいものの、うどんの店舗数に関してはさすがうどんの本場!
と言える、人口10万人当たりでは日本一多くなっています。

shutterstock_346032365

そんな香川県の魅力はうどんだけにとどまらず、最近ではアートの島としても
有名になった、直島があります。
瀬戸内海に浮かぶ直島は、島内のあらゆるところでアートを楽しむことができ、
今や世界中から観光客が押し寄せています。

そして欠かせないのが、金刀比羅宮。全国の金刀比羅宮の総本山です。
パワースポットとしても知られている金刀比羅宮ですが、海の神様や芸術の神様などを祀っています。
階段が多いと言われていますが、なんと1300段以上もあり、毎年階段を使った、
石段マラソンが行われています。

そして香川県小豆郡に、1日に2回しか見れない光景があるとご存知ですか?
毎日干潮時にしか現れない道が存在するのです。
その名もエンジェルロード。ここで手を繋いで歩いたカップルは将来結ばれる、
とも言われていますので、カップルの方々はぜひ行ってみてください。

あと有名なのは、栗林公園(りつりん)です。
時代をタイムスリップしてしまったかのような雰囲気の栗林公園は、
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にてなんと3つ星を獲得しているのです。
このミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3つ星というのは、
わざわざ観光する価値がある、ということを示しています。

さぁ、まだまだある香川県の見どころですが、うどんにアートに日本庭園と、
様々な角度で楽しめるこの場所で、素敵な旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら 青

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る