温泉地に世界遺産!岩手県は知られざる名所が点在!Web限定プランもお見逃しなく!

岩手

岩手

岩手には、世界遺産が2つあることをご存知でしょうか。
その世界遺産とは、2011年に登録された、平泉町の「平泉の文化遺産」と、
2015年に登録された釜石市の「橋野高炉跡(明治日本の産業革命遺産)」があります。

平泉の文化遺産は、平安時代に四代にわたって反映した奥州藤原氏が建立したもので、
阿弥陀如来を進行した浄土思想を基に造られました。
眩しく輝く中尊寺金色堂や、浄土式の庭園である毛越寺、無量光院跡や観自在光院跡など、
仏教的な平和希求に基づく理念を感じ取れる寺院群となっています。

橋野高炉跡は、長崎の端島や八幡製鐵所などと共に、
明治日本の象徴である西洋技術と日本伝統の融合を示す遺跡群の一つです。
日本で最古の洋式高炉跡であり、江戸時代から稼働していました。
最大の販路として、水戸藩(15代将軍徳川慶喜の父である、徳川斉昭)の反射炉などがあります。

平泉町と釜石市のアクセスは、車で1時間~1時間ほど要します。
途中、「日本のふるさと」である、民謡のまち遠野市で寄り道をしたり、
NHK連続テレビ「どんど晴れ」の盛岡市と雫石町、同「あまちゃん」の久慈市もあり、
世界遺産以外にも岩手の観光を楽しめること間違いなしです。

岩手県へのアクセスは、いわて花巻空港からまずは釜石でも良し、東北新幹線JR一ノ関駅から平泉からでも良し。
岩手での世界遺産旅行が良い思い出になることをお祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る